Facebookはじめました

2013.06.19 (Wed)

http://www.facebook.com/pages/%E3%82%82%E3%81%BF%E3%81%98%E7%9C%9F%E9%AD%9A%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C%E4%B8%80%E5%91%A8%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%82%89%E6%BC%AB%E7%94%BB%E6%8F%8F%E3%81%84%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F/459348130819040

Facebookページで
「もみじ真魚の世界一周しながら漫画描いてみた」
公開しました。

どうしても海外だとiphoneでの更新が捗るので
こちらの方が情報を得やすいかもしれません。
よろしかったらフォローお願いします!(*´ω`*)

定員オーバー

2013.06.18 (Tue)

画像0


アジアってエネルギッシュだなあって思える風景。

iPhoneでもホームページ更新出来る事がわかりました。
もう少しうまく活用したい(^ω^)

水上マーケット

2013.06.18 (Tue)

画像0

iPhone

2013.06.18 (Tue)

実験

画像0

Dカ国目・ラオス

2013.06.05 (Wed)

画像2



ベトナム中部の都市・フエからバスで約10時間

ここはラオスの国境の町「サワンナケート」


画像0




メコン川を有し、ベトナムを遥か超えて

向かい側はすぐタイである。

画像1



そんな「中継地点」でしかないサワンナケートなので

街に何の見所が無い

というのが特徴です。


でも自分はここで10日間も過ごすことになりました。


それはここの「何も無さ」が心地よかったからです。

今まで行ったところは殆どが観光都市、もしくは首都。

人がたくさんいて見所がいっぱい。ゆえに

毎日どこかへいって、何か出来てしまう。

逆に言うと「何かしないと勿体無い」という貧乏性も発症するわけです。私の場合。

毎日どこかへ出かけて、疲れて果てて、ホテルで眠る。

そんな生活の繰り返し。

正直旅に疲れきっていたんです、私。

画像3



そんな時に出会ったのがこの都市「サワンナケート」

選択肢が無いということは何もしなくてもいい。

ということでもあるんです。

10日かけてゆっくりしました。

久しぶりに原稿に向き合いました。

ずっと外でインプットばかりだったので、
アウトプットを身体が欲していたんです(;^ω^)

「ラオスは何も無いのがいい」
というのが旅人の中での最も有名な噂のラオス。

心底納得しました。

画像4



ただ自分はこのサワンナケートがいままでの中で
一番旅らしい旅が出来た場所だと断言します。

とにかく人が暖かくて、毎日出会いがあるのです。

画像5



道を歩いてたら焼酎を勧められ、そのままパーティーにいったり

画像9




たまたまお祭りをやってた列に混ぜてもらったり

画像8



雨宿りをしてたら食事に誘われる。

画像6



青年海外協力隊の人とカフェで出会って
ラオスの学校にお邪魔する機会が生まれたり

画像7



それで似顔絵を描かせてもらったり

ラオス語の挨拶「サバイディー」と声をかけたら
みんな「サバイディー」って笑顔で返してくれます。

旅に慣れた人は
観光地や日本人の居る場所を離れて
むしろ田舎や人がいないところを好む、
という話を聞いたことがあります。

観光地もいいですけど、
こういう予測できない出会いや感動って
たしかに旅の醍醐味かもしれません(^ω^)

これから都会の「観光」に疲れたら、
田舎町に「旅」に行こうって思いました。

ベトナム色々

2013.06.05 (Wed)

実はベトナム写真たくさんあるんですけど
ちょっと多すぎるしまとめ切れないので
総括しちゃいます!

あまり溜めると更新する気力がどんどん無くなっちゃうので!


画像0



まずベストオブベトナムプレイスの発表!

ベトナム中部は「ホイアン」が一番よかったです!

画像1



海アリ、世界遺産アリ、メシがうまい、
喧騒も無く人々もフレンドリー(^ω^)

っていうかベトナムは総じて疲れました:(;゙゚'ω゚'):

主に買い物に毎回「交渉」が必要だからです。

毎回話し合いとか時には言い争いとかして、
そのあと「もしかして損してる?」と思い返して
悶々するのに疲れました。

文化の違いとわかっていますが
やっぱり明朗会計の日本人気質。
次の国のラオスで明朗会計に戻ってホッとしました。

疑いの目で人を見たくない><

画像2



でも話してみると親身になって
相談に乗ってくれるベトナム人も沢山いました。

屋台でお金が払い方が分からない時も
近くにいたオジサンが助けてくれたり

道が分からなくて聞いた時も
そのお店の周辺店員全員で集まって
教えてくれたりする、なんて場面もありました。

画像3



私のベトナム人の印象に関しては
私自身価値観の変化によって見方が変わっていって
好きになった、というところもあります。

「とにかく怖がらずに声をかけてみる」

というスキルをベトナムに居る2週間で体得したので
後半のベトナム人の印象はすごくよかったりします。

ベトナム人だけでなく
外国人全般に言えることなんですが

「声をかけてくる人より、自分から声をかけた人の方が良い」のです。

声をかけてくる人って、やっぱり裏があることが多い。
睡眠薬強盗にひっかかってからは
とにかく親切すぎる人は疑ってかかってます。

逆にこちらから声をかけると疑われるわけですがw
でもちゃんと話して信頼を得たら、
とてもいい関係が築くことができます。

このことはベトナムで覚えた一番の勉強かもしれません(^ω^)

ベトナムとバイクの話

2013.06.05 (Wed)

画像0


とにかくバイクが多い国ベトナム。
台湾も多いなと思ったけど、そんな比じゃなかった。

画像2


信号の無い道路を毎回バイクが埋め尽くします。
そしてそれを渡らねばなりません。

画像3


昼も夜もバイクまみれ

画像4


コツは堂々とすることです。
一つのバイクを避けると別のバイクに轢かれます( ゚д゚ )

本当バイクまみれ
バイクウンザリ
そんなにバイクっていいもんですか?

そう思ったので


画像5




乗ってみました。

画像6



画像7



ほっほう・・これはなかなか・・
悪くない・・っていうかスゴイいい・・!!

気持ちいい!(゚∀゚)

流石に大渋滞都市のハノイやホーチミンでは乗りませんでしたが
田舎町のホイアンなどで乗るとこれがまたいい感じ(*´ω`*)
自分の意思でマイペースにどこまで行けるのは素敵です。
病み付き気分!!

実際乗ったことでベトナムの人と同じ視線に立てた気持ちになりました。何事も体験ですね(^ω^)

最新の記事

  1. ブログ移動しました (08.01)
  2. 【4コマ】ハッピーメニューと新婚さんinラオス (07.30)
  3. アジア安宿とシャワーと新婚さん (07.28)
  4. タクシーと日本製品 (07.28)
  5. 新婚と台湾マッサージ (07.28)
  6. 新婚夜談話 (07.28)
  7. 本当に意外といける(カンボジア) (07.27)
  8. カンボジア・蛇巻きサービス (07.27)
  9. アイデアスケッチ (07.23)
  10. 着実に進んでおります (07.21)
  11. 世界一周新婚旅行イメージラフ (07.18)
  12. 新婚表紙ラフ (07.17)
  13. ミニキャラ夫婦 (07.16)
  14. 新婚さんinフィリピン (07.14)
  15. キャラ設定(仮) (07.14)

カテゴリー

  1. 日記
  2. 新刊情報
  3. お仕事情報
  4. エクストリームラブプラス
  5. グルメ情報

月別

Copyright(C) momiji/mao. All rights reserved.
サイト内における全ての文章・画像等の無断転載はお断りします。